2007年01月28日

保険会社が教えてくれない適年の正しい知識



保険会社が教えてくれない適年の正しい知識

この本は、生命保険会社や銀行などの金融機関やにわか企業年金コンサルタントの言いなりにならず、会社や皆さんの意思で、適格退職年金・企業年金の見直し、退職金制度の見直しを行っていただけるように書いています。また、金融機関で仕事をし、実際にコンサルティングしている人間しかわからない裏の話も書いています。
第1章 生命保険会社など金融機関の本音/第2章 保険会社が教えない適格退職年金の正しい知識/第3章 退職金制度/第4章 適格退職年金移行先の仕組み/第5章 適格退職年金の正しい見直し方/第6章 退職金制度変更のための周辺知識
続きを読まない!!
posted by 保険屋さん at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

保険進化と保険事業



保険進化と保険事業
第1部 現代社会と保険進化(社会経済の発展・変容と保険進化/保険の進化と保険統合商品/民間企業における退職金・年金制度の系譜と行方 ほか)/第2部 現代保険経営と保険進化(販売チャネル改革と保険経営/FP教育と生命保険事業/高度情報社会と保険企業のIT戦略―マルチチャネル時代における顧客接点の考え方 ほか)/第3部 現代リスク管理と保険進化(海外プロジェクトのリスク・ファイナンスと金融機関の役割/保険業における数理技術の発展/保険市場と資本市場の融合と企業リスクマネジメント ほか)
続きを読まない!!
posted by 保険屋さん at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

生命保険生命価値とニードセールス



生命保険生命価値とニードセールス
販売チャネル多様化時代に対面販売の真価が問われている!今だから学びたいニードセールスの原点を凝縮。
第1章 ヒューブナー「生命保険」初版と第4版の紹介と検討(第1章「生命保険の本質とその基本原理」の概要/第2章「生命保険の個人的および家族的効用」の概要/初版第3章(第4版第4章)「生命保険の事業的効用」の概要)/第2章 生命保険金額の決定―生命価値方式とニーズ方式 諸説の紹介と解説(マギーの人間生命価値とニーズ方式/オーエンの人間生命価値とニード分析/メーアとオスラーの人間生命価値 ほか)/第3章 「生命保険の真実」Paul Speicherの著書の紹介(ツイスターの真実(第5章)/生命保険コストの真実(第8章)/外務員の真実(第9章))/第4章 「営業職員の心得」ヒューブナー博士の昔の講演の概要/付録
続きを読まない!!
posted by 保険屋さん at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

生命保険法入門



生命保険法入門
生命保険契約の締結から終了までを、商法はもちろん、契約内容の理解に役立つ約款規定も含めて解説する。重要判例については、事案の内容も詳しく記述。保険法の第一人者による待望の入門書。
第1編 序説(保険法一般/損害保険契約法の概要)/第2編 生命保険契約法(生命保険契約の意義および要素/生命保険契約の成立/保険者の責任の開始/告知義務/保険契約者および保険金受取人の義務 ほか)
続きを読まない!!
posted by 保険屋さん at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

生保・損保

生保・損保


社会構造の変化を受け、保険商品、販売チャネルに変革の波が押し寄せる。IT化の進展、リスクの複雑化によって、経営の舵取りはますます難しくなっている。保険に可能なことは何か?生き残りに必要なことは?生保・損保業界の現状・課題から中長期的な見通しまでをコンパクトに収録。
第1部 生命保険編(生命保険の担い手/生命保険業界の焦点/世界市場における日本の生保/主要企業を見る1/近未来の生命保険業界)/第2部 損害保険編(自由化の幕開け/損害保険業界の焦点/世界市場における日本の損保/主要企業を見る2/近未来の損害保険業界)
続きを読まない!!
posted by 保険屋さん at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。